2010年11月24日

始めに:東ローマの印象

歴史の中には語られることの少ない人物、物事が
存在しますね。

時間的、空間的様々な制約があるためなのでしょうが。

その語られることの少なさのために逆に人々の興味を
引くということがあります。
例えば豊臣秀吉の実弟豊臣秀長は、堺屋太一氏が、

・秀吉の弟であることから想定される歴史像の大きさ
・とりあげられること、語られることの少なさ

に興味を持って小説を書きました。


にほんブログ村 歴史ブログへ

banner_23.gif


私も東ローマ帝国に対して同じ感覚を抱くのです。

栄光のローマ帝国の中世における形でありながら、
語られることが非常に少ないと感じます。

ローマの概説書等でも
@「ローマ帝国の東西分裂」の次のページが
A「西ローマ帝国の滅亡」更にその次のページが
B「東ローマ帝国帝国の滅亡」

ってA、Bの間が約1,000年空いているんですけれど・・・。

その間に何が起こったかについて
思いを馳せていきましょう。

尚、このブログでは395年以降のローマ帝国は、
ローマ帝国との区別のために便宜上、東ローマ帝国と呼びます。
また、後世の呼び名であるビザンツ帝国、ビザンティン帝国は
極力使わない方針ですのでご了承下さい。
ラベル:東ローマ
posted by 佐吉 at 21:49| Comment(1) | 東ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。