2008年11月29日

ローマ帝国の系譜その2

ローマ帝国の系譜は、東ヨーロッパでは、

東ローマ(ビザンツ)帝国を通して、ロシア帝国
受け継がれました。

では西ローマの流れは・・・・

途中ですが、ぽちっとクリックをば、お願い致します。
励みになりますので。
にほんブログ村 歴史ブログへ

西ローマ帝国消滅後は、

カール大帝のローマ帝国復興⇒オットーの神聖ローマ帝国建設とつながっていきます。

1806年の神聖ローマ帝国の
解体後は、神聖ローマ帝国の皇帝の家であったハプスブルグ家が、
オーストリア=ハンガリー帝国を建設します。

ドイツでは、神聖ローマ帝国の故地と言うことから19世紀には、
ドイツ帝国が建設されます。

ヒトラーのドイツは第3帝国とも言われますが、
これは、神聖ローマ帝国⇒19世紀建国のドイツ帝国⇒ヒトラーの
ドイツという流れを意識してのものです。


ナポレオンのフランス帝国・・・これはややローマ帝国から続く
「帝国」の流れとしては、唐突な感じを個人的には受けます。

このように西欧では、東欧と違い様々な国がローマの様々な
流れの中から帝国を称している事がわかると思います。

個人的には、
東ローマ⇒(ローマ+スラブ) ⇒ロシア帝国⇒ソビエト連邦
    ⇒現代のロシア

西ローマ⇒(ローマ+ゲルマン)⇒西欧文明 
    ⇒西欧文明トップとしてのアメリカ

という見方もできると思います。やや乱暴だと自覚してもいますが。
posted by 佐吉 at 10:32| Comment(1) | 東ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
塩野七生の『ローマ人の物語』をきっかけにローマ史にハマり、今は東ローマに興味を持つ者です。

現代のロシアといえば、チンギスハーン以来のモンゴルの影響も受けていますね。
遊牧民を統べる『汗』と、世界を統べる『ローマ皇帝』の二つの流れがあるなんて豪華だなと思います。
Posted by げそ at 2009年08月22日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。