2008年12月21日

激動の人生:ヘラクレイオス1世 その3

シリア、エジプトをササン朝ペルシアに
奪われたヘラクレイオス1世。
9年間の傍観の後に、両地方を回復するために
雄々しく立ち上がります。

時に622年。

9年間の傍観の後に立ち上がったのは、
姪のマルティナとの近親結婚を国家に認めさせようと
考えたため・・・とも考えられています。

ヘラクレイオスは、国境地帯を数年間転戦した後・・・
ペルシアの首都クテシフォンを一気について決着を
つけようとします。

ドラマチックですね。
敵首都を一気につく事でシリア、エジプト駐屯のペルシアの
兵力を引き上げさせようとしたのでしょうか・・。


途中ですが、ぽちっとクリックをば、お願い致します。
励みになります。
にほんブログ村 歴史ブログへ

banner_23.gif

彼の目論見はあたります。628年にペルシアは全面降伏。
奪い去られていたシリア・エジプト及び
キリストが磔にされたという聖十字架の返還を受けます。
東ローマ帝国は再び地中海を支配する大国となりました。


戦勝による栄光、それにより愛する姪との結婚も認められ
ヘラクレイオスの人生はこの時、絶頂であったでしょう。


・・・・しかし残念ながらその絶頂は長続きしませんでした。
中東の辺境、アラビア半島では当時一つの宗教が
勃興していました。
イスラム教です。創始者ムハンマドは632年に
なくなりますが、その後この宗教は猛烈な勢いで
拡大を始め、ペルシア、東ローマ両帝国に襲い掛かります。



636年シリアのヤルムークにて東ローマ軍とイスラム軍が
激突。東ローマは大敗します。
これが、数百年続いたローマのシリア支配の最後となりました。
ヘラクレイオス曰く
「シリアよさらば!なんとすばらしい土地を敵に渡す事か!」と叫んだそうです。


彼の功業は10年持ちませんでした。この後もイスラムの進出は
続きましたが、彼はなすすべがないまま、640年に病没します。

エジプトは彼の死後641年にイスラム帝国のものとなりました。
プトレマイオス朝エジプトの滅亡より実に600年のローマの
エジプト支配。遂に終焉を迎えます。

ギボンは、ローマ帝国衰亡史の中でこう述べています。
「ヘラクレイオス以降ビザンティウムの舞台は縮小し、暗転する。」と。

東ローマ帝国その他歴史を語るブログのTopヘ
posted by 佐吉 at 10:29| Comment(0) | 東ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。