2008年11月26日

ローマから東ローマへの転換点

東ローマ(ビザンツ)帝国の歴史の始まりがどこからなのか
というのは、非常に難しい問題です。

これは、元々中世におけるローマ帝国の形が、東ローマ(ビザンツ)
帝国であり、同一の国家なので明確な区切りをそもそもつけにくい。

という理由からです。これはわかるような気がします。
日本も飛鳥時代の日本と1,500年後の現代日本では、全く違います
が同じ国です。状況は同じです。

ちなみに、ローマから東ローマへの変遷を
わかりやすく日本に置き換えてみると、
以下のような状況になるのでは、ないでしょうか。

@昔は京都に首都があり、全国を治めていた日本政府。

A当地の都合上、東京と大阪に首都機能を分散移転。

B大阪政府は早々に滅び、西日本は蛮族の手に渡ったが、
 東日本は東京の政府の手に残った。

Cその後、東京の日本政府も勢力の増減があり、最後は領土が
 東京周辺だけとなり滅んだ。

すみません。書いていてSFのようになってしまいましたが、
こういう事だと思います。

東ローマ帝国その他歴史を語るブログのTopヘ
posted by 佐吉 at 06:59| Comment(0) | 東ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

地中海世界の解体

東ローマ関連の書物でお奨めしたい書物の第一がこの本。

「ヨーロッパ世界の誕生」です。

おいおい東ローマには関係ないじゃん、といってる方
ちょっと待って下さい。

ヨーロッパ世界の誕生=地中海世界の解体なのですから
東ローマとも密接に関係してくるのです。


途中ですが、応援のクリックをお願いします。
更新の励みになりますので・・
にほんブログ村 歴史ブログへ


ヨーロッパが東ローマ帝国の桎梏からいかに独立していくかの
過程が書かれている本なのですが、逆を言えば
世界帝国東ローマがいかにして、西欧や中近東への
影響力をなくしていくかが時系列でわかります。

叙述は大体東西ローマの分裂⇒8世紀のカール大帝の戴冠の
当たりまで。

意外な時期まで、東ローマの影響力が残っていたりして
読んでいても非常に面白いです。
(例:東ローマ帝国は7世紀半ばにシラクサに遷都していたり
   しています。西地中海の小島がその頃でも影響下に
   あったのですね。)

副題として、マホメットとシャルルマ−ニュというタイトル
ついています。この副題も深いです。



東ローマ帝国その他歴史を語るブログのTopヘ
posted by 佐吉 at 14:39| Comment(0) | 東ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。