2008年12月06日

カール大帝のローマ帝国との関係

東ローマ帝国が中世に存在していた頃、
西欧にもローマ帝国がありました。


8世紀に有名なカール大帝が建設したローマ帝国(=フランク帝国)
10世紀に始まるオットー大帝の神聖ローマ帝国です。
両者ともローマ教皇より皇帝の位を授かり、ローマ帝国を
称しました。


特にカール大帝の時には東ローマも衝撃を受けました。
それまで「皇帝」はヨーロッパにただ一人であったからです。


「王」はそれまでにも数知れずいましたが、「皇帝」は
ローマ帝国の系統を引く東ローマ帝国にのみ
存在していたからです。


途中ですが、ぽちっとクリックをば、お願い致します。
励みになりますので。
にほんブログ村 歴史ブログへ

昔のローマ帝国の時代にも属州で反乱を起こし「皇帝」を名乗る
人物が数多くおりましたが、当時の東ローマ帝国政府にも
カール大帝はそのような反乱を起こした人物の一人と
思えたのではないでしょうか?

東ローマ政府は、この時カール大帝の「皇帝」の位は認めました。
但し条件つきです。「フランク人の皇帝」として認めたのです。


ローマ人の皇帝はただ一人。という建前を死守したのです。


フランク人というとゲルマンの一部族ですが
ローマ人という概念は、世界を支配する帝国の国民という意味と
なります。同じ○○人と称しても概念として並列ではないのです。


ローマ的世界の部分的な支配者がフランク皇帝である、そのような
位置づけです。

皇帝の位は認めるが対等な存在とは認めないという非常に
手の込んだ対処の仕方ですね。

東ローマ帝国その他歴史を語るブログのTopヘ
posted by 佐吉 at 09:59| Comment(0) | 東ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

鉄人皇帝 バシレイオス2世その2

皇帝の責務に目覚めてからのバシレイオス2世は、戦に
明け暮れます。

内乱の鎮定、外征の再開・・・年代記はこう伝えています。
「彼にとって(戦からの)帰還の時期は、作戦が成功した
 ときであった。彼は平然と夏の暑さ、冬の寒さに耐えた。
 あらゆる欲望を厳しく抑えた鋼のような男であった。」
 (「ビザンツとスラブ」中央公論社より引用)


かっこいいですよね。
この人は、その生涯で様々な事を行いました。
いくつかエピソードを紹介しましょう。

・妹をロシアのウラジーミル公に嫁がせ、正教圏を広げる。

・ブルガリア王国と戦う。捕虜にした15,000人の
 ブルガリア人の目を繰り抜き送り返した。
 ブルガリア人殺しと呼ばれる。

・大土地所有の進展にも待ったをかけ農民を保護。なんと
 アウグトゥス帝時代の土地所有の実態にまで遡って、
 土地を没収した事もあるようです。

・宮殿の蔵には金銀財宝が積み上げられ、これ以上
 はいらなくなったので、地下を掘り下げて拡張。


・・・・ローマ教皇から皇帝の戴冠を受けようと目論んだことも
あるようです。神聖ローマへの対抗措置ですな。

この人の時代はまさに東ローマの最盛期です。
領土は、
・東はアルメニア〜西は南イタリア
・北はドナウ川〜南は地中海の島々

広大な国家は優れた専制君主により、
統治されていました。
まさに東ローマ帝国の完成した時代です。


ぽちっとクリックをば、お願い致します。
励みになりますので。
にほんブログ村 歴史ブログへ


東ローマ帝国その他歴史を語るブログのTopヘ
posted by 佐吉 at 20:52| Comment(0) | 東ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

高校の時の東ローマの授業

えー閑話休題。

仕事で疲れていますので、肩の凝らない話を。

高校時代の世界史の先生で、とてもローマ帝国好きの
先生がいました。

イタリアに旅行に行き、ローマ市のコロッセウムを見た時は
泣いた・・という熱血の世界史先生でした。

当然ローマ帝国に関する授業も白熱。
「ローマが西欧文明の源なんです!」
と熱く語っておりました。

当然東ローマについても熱く語ってくれるかと
楽しみにしていましたが・・・・


途中ですが、応援のクリックをお願いします。
更新の励みになりますので・・
にほんブログ村 歴史ブログへ

@まず総論として、先生曰く
 「とにかく衰えていく一方なんです。」
 ⇒あのー帝国の最盛期は10世紀、11世紀なんですけど。
  12世紀も結構栄えていたのですが・・・。

Aマケドニア朝の最盛期について・・・・
 「これは文化の最盛期なんです。」
 ⇒いや、軍事も調子良かったし。ブルガリアを滅ぼすとか。
 
Bマケドニア朝の領土については・・・・
 「ユスティニアヌスの時よりも(一瞬の間を置いて)広いんです。」
 ⇒いや、「ひたすら衰えていく一方」っていいませんでしたか?
  文化の最盛期なんでしょ。


 今でもこの授業を覚えているのですが・・・悔しいです!
posted by 佐吉 at 21:47| Comment(0) | 東ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

鉄人皇帝 バシレイオス2世その1

東ローマの歴史は、繁栄と衰退を繰り返しています。

6世紀の大帝ユスティニアヌスの時代が
最初の頂点とすると、その後、7〜8世紀の暗黒時代を経て
徐々に国力が回復していき次の絶頂期が11世紀の前半。

その時代の皇帝がバシレイオス2世なのです。

私は歴史書に書かれたこの人の評伝を読むたびに鉄人という言葉が
浮かびます。
この人の生涯はドラマチックであり、かつ栄光に
満ちています。

彼は、当時の東ローマ帝国の王家マケドニア朝の
直系として生まれます。

直系ではありますが、彼の父ロマノス2世が亡くなった時には、
まだ幼く、その後は、ニケフォロス2世、ヨハネス1世という
優秀ですが、血のつながらない軍人皇帝が、即位します。

18歳で即位した直後に貴族の反乱が起こります。
これを契機に、「貴族は信用できない。自分が政治を行わねば。」
と考えます。
享楽の日々を送っていた皇帝は、「皇帝の責務」に目覚めるのです。

これが「バシレイオスの改心」と
言われています。


東ローマ帝国その他歴史を語るブログのTopヘ
posted by 佐吉 at 08:59| Comment(0) | 東ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。